いつもお世話になっております。久保多町のマル春森本鐵工所の森本昌典と申します。

当店は、各種刃物販売、天神岡工場では、鋼構造物製作、諸機械販売修理を行っております。

私の現在の主な仕事は、包丁の製造や研ぎ方をやっております。鍛冶の仕事は最初から仕上がりまで全て、「カン」でやらなければならず、祖父のしている事を見聞きしながら作業しております。

この仕事を始めたころは研ぐのも研ぎすぎてしまったり、形の悪い刃にしてしまったりしていました。今は完璧ではありませんが、多少はうまく研げるようになってきたように思えます。

また、最近やっと自分の造った包丁が当店の商品としてならべてもらえるようになりました。一人前の鍛冶職人になるには、10年から20年かかるそうです。私はこの道に入ってまだ2年目で、派手な仕事でもなく、大変な仕事ですが、覚えるにつれて、やりがいのある仕事で、しかも好きで入った道、日々頑張っております。

私は23歳と未熟者ですが、これからも鍛冶職人を目指して、妥協せず仕事に打ち込み、創業85年の当店の名に恥じぬよう、信頼される3代目鍛冶職人として、頑張ります。一緒に仕事に携わっていただいている方々に感謝し、どうか皆様方の、お引き立てを心からお願い致します。